読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイゼンジノリ サクラン配合化粧品

敏感肌やアトピー肌、年齢肌におすすめのヒアルロン酸の5倍の保水力のスイゼンジノリ多糖体のサクラン配合化粧品のご紹介

敏感肌で汗をかくとかゆくなる肌に 汗に強い保水力のサクラン配合化粧品

もともと敏感肌なのですが、これからの暑い夏の時期は最悪です。

汗をかくと肌がかゆくなるんです。
自分の肌から出る汗なのに、それにすら軽い炎症を起こすなんて困ってしまいます。

なので、汗をかく時期は、あまりメイクもできませんでした。

なんで汗をかくとかゆくなるのか原因を調べてみました。

f:id:suizenjinoricosme:20160705023959j:plain

汗で肌がかゆい!原因は?

汗をかくと、肌が汗によってアルカリ性になるそうです。

 

正常なバリア機能が働いている肌であれば、汗をかいても問題ないのですが、敏感肌で角質に乱れがある場合は、アルカリ性の自分の汗が、刺激物となって、痒みや赤みなどの炎症症状を起こしてしまいます。

 

かゆいからといって、かいてしまったり触ってまうと、炎症はどんどんひどくなります。

そうなると、肌のバリア機能はさらに低下してしまい悪循環のスパイラルです。

この状態から抜け出すためには、保湿と角質保護をして肌のバリア機能を回復してあげる必要があります。


汗でかゆくなる前の対策にサクラン配合化粧品

敏感肌の人ならわかると思いますが、肌の状態が悪くなる前兆ってありますよね。
そういう時は、今までは、肌に刺激を与えないように、洗顔後は刺激の少ない化粧水と薄くワセリンを塗って対処していました。

でも、どうしても我慢できないほどでではないのだけれど、むずむず肌はかゆいんですよね。

 

それでも、酷くなって薬を使いたくないので何とか我慢していました。

ですが、スイゼンジノリから抽出されたサクラン配合のオールインワンジェル を軽い炎症程度の状態の時に使ったら、楽になりました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓汗でかゆい肌に オールインワン化粧品↓ ↓ ↓ ↓ ↓


サクランは塩リッチだから汗に強い!?

このサクラン(スイゼンジノリ多糖体)は、「ヒアルロン酸以上の保水力」と保水力の代表格のヒアルロン酸と比較されることが多いのですが、実際、保水力を調べる時には、不純物の入っていない純水で実験しています。

 

ですが、化粧品などで人の肌につける場合、人の肌の水分は純水ではありません。
特に、汗をかいた肌は塩分を含んでいますよね。

 

実際、ヒアルロン酸とサクランを人の体液に見立てた塩水で保水力実験を行ったところ、サクランはヒアルロン酸の10倍もの保水力があったそうです。

なので、サクランはヒアルロン酸に比べて肌の上に安定して存在し、汗で流れ落ちることなく保水性や保湿性を保持できると考えられます。

 

f:id:suizenjinoricosme:20160705024601j:plain

ステロイドを超える?!炎症を抑える作用が実証されているサクラン

スイゼンジノリから抽出されているサクランはまだあまり聞きなれない成分です。
でも、サクランって敏感肌やアトピーの人にはおすすめの成分なんです。

 

サクランは高知大学医学部のNgatu医学博士のもとで、アトピー性皮膚炎の患者さんの治療にも使用されている物質です。

実際、論文でも発表さているのですが、ステロイドを超えるかゆみの軽減や炎症を抑えてくれる作用があることが臨床試験で実証されているんです。


また、サクラン配合のクリームを使って治療した患者さんの、血清中のIgE量がステロイドと比較して、サクランの方が減少しているという結果もでていることでもアレルギーが抑制されていることが証明されているそうです。

 

敏感肌やアトピー肌の人は、サクランの入った化粧品使ってみたいと思いますよね。
私も、そう思って調べてみたんです。

 

サクランが入っている商品には、成分の中に、「スイゼンジノリ多糖体」と記載されています。

調べてみると、化粧品やヘアケア製品に「スイゼンジノリ多糖体」と書かれている商品がドラッグストアにある商品でもけっこうあるんです。

 

でも、入っているのは入っているのですが、他の成分の最後に方に書いてあります。
ということは、化粧品の成分表示は、含有量の多い順に表記されているので、かなり少量ということです。

 

というのも、このサクランという成分は、かなり希少で高価なんです。

 

実際、サクランが入ってはいても効果が期待できるほどの量が入っているかどうかはわかりません。

 

では、化粧品にサクランが入っていても敏感肌やアトピー肌の人が使って満足できる商品を探すのは実際、使ってみないとわからないのかな?思っていたところ、

 

サクラムアルジェのオールインワンはサクランの発見者である北陸先端科学技術大学院大学岡島麻衣子博士が共同開発している商品でした。

 

実は先日、その岡島麻衣子先生のサクランについてのセミナーに出席できる機会があったの参加してみました。

その時に、「サクラムアルジェのオールインワンのサクランの配合量はサクランの効果を実感できる処方」になるように開発の段階でアドバイスされているとおっしゃっていました。

なので、サクラン配合化粧品の中でも安心して使用できる商品だと思います。


このサクラン化粧品を初めて使った時は、肌が乾燥していてあまり良い状態ではなったので、その状態で新しい化粧品を使うのは勇気がいりました。

 

でも、実際使ってみても、特に問題はなく、肌の水分を逃さないようにパックしている感じで
第二の肌になって保護してくれているのか、1週間くらいで肌の状態は改善されました。

 

汗に負けない肌になる!サクラン配合化粧品

結局のところ、汗の刺激に負けないようにするには、肌の土台が大事です。
敏感肌やアトピー肌の対策としては、まず、保湿することが一番です。

夏場は汗だけでなく、紫外線など外部からの刺激がたくさんあります。

なので、敏感肌用で汗にも強いサクラン配合化粧品はおすすめだと思います。