読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイゼンジノリ サクラン配合化粧品

敏感肌やアトピー肌、年齢肌におすすめのヒアルロン酸の5倍の保水力のスイゼンジノリ多糖体のサクラン配合化粧品のご紹介

夏おすすめオールインワンサクラン配合キウモイスチャープロテクトゲル ポンプタイプ

ヒアルロン酸の10倍の保水力ということで、化粧品の保湿成分として人気の「サクラン」が入ったオールインワンゲル。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓サクラン配合オールインワンゲル↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「サクラン」と言われてもピンとこない人もでも、ちょっとこだわりのある粧品やシャンプーにも結構入っていたりします。

 

ドラッグストアで販売しているちょっと値段が高めのシャンプーの成分表示を見ると「スイゼンジ多糖体」って書いてあります。
これが「サクラン」なんです。

 

夏のスキンケアに汗に強いサクランがおすすめ!

サクランは、塩分を吸収するとゲル化するんです。
ここがサクランのすごいところです。

 

人の肌は、汗などで水分は真水ではありません。
かならず塩分を含んでいます。

塩分でゲル化するということは、汗で流れ落ちづらいということです。


なので、夏の時期のスキンケアにおすすめなのが「サクラン」配合化粧品です。

暑い時期は、洗顔後のスキンケアしている瞬間から汗が流れてきます。

 

せっかく高級なスキンケア化粧品をつけても肌になじむ前に、汗と一緒に流れ落ちてしまっているんじゃないかと感じたことはありませんか?

 

そんな時には、サクラン配合の化粧品がおすすめなのです。

 

今まで使っていた、サクラン配合のオールインワンジェル サクランアルジェ はかなりいいのですが、50g(1ヶ月分)で通常価格4,980円です。

 

継続すればするほど、割引率がたかくなるので、継続購入で3,486円(税込)で購入できるので、私自身は満足しています。

なので、お友達や母にも奨めています。

 

でも、1ヶ月のコスメ代を節約したい方には、ちょっと高いかなぁと思って購入をためらっている人もいるかもしれません。


なので、サクラン配合のオールインワンでもう少し安くてちょっと試してみたい思う商品がないかと探してみたらありました。

f:id:suizenjinoricosme:20160813211402j:plain

 

それが、キウ モイスチャープロテクトゲル です。
1本の容量もたっぷり150g(2ケ月分)3,996円(税込)です。

これなら、顔だけでなくデコルテにもたっぷり惜しみなく使えます。

 

それに、容器がポンプタイプです。

 

個人的には、この点がかなりおすすめです。

簡単にスキンケアできるオールインワンジェルの容器はジャータイプが多いのですが、蓋を開けてスパチュラですくって使って、スパチュラを拭いてまた、蓋して…って手順が以外に面倒に感じていました。

 

ポンプタイプなら、片手でワンアクションでスキンケアできるのが良いです。
それに、衛生的です。

 

暑い夏におすすめのベタベタしないオールインワンゲルなら
「サクラン」配合【キウ モイスチャープロテクトゲル】が良いですよ~

 

ちょっと試してみたい人にはWEB限定で7日間トライアルセットでお試しもできます。

 

夏の旅行のトラベルセットに!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

敏感肌で汗をかくとかゆくなる肌に 汗に強い保水力のサクラン配合化粧品

もともと敏感肌なのですが、これからの暑い夏の時期は最悪です。

汗をかくと肌がかゆくなるんです。
自分の肌から出る汗なのに、それにすら軽い炎症を起こすなんて困ってしまいます。

なので、汗をかく時期は、あまりメイクもできませんでした。

なんで汗をかくとかゆくなるのか原因を調べてみました。

f:id:suizenjinoricosme:20160705023959j:plain

汗で肌がかゆい!原因は?

汗をかくと、肌が汗によってアルカリ性になるそうです。

 

正常なバリア機能が働いている肌であれば、汗をかいても問題ないのですが、敏感肌で角質に乱れがある場合は、アルカリ性の自分の汗が、刺激物となって、痒みや赤みなどの炎症症状を起こしてしまいます。

 

かゆいからといって、かいてしまったり触ってまうと、炎症はどんどんひどくなります。

そうなると、肌のバリア機能はさらに低下してしまい悪循環のスパイラルです。

この状態から抜け出すためには、保湿と角質保護をして肌のバリア機能を回復してあげる必要があります。


汗でかゆくなる前の対策にサクラン配合化粧品

敏感肌の人ならわかると思いますが、肌の状態が悪くなる前兆ってありますよね。
そういう時は、今までは、肌に刺激を与えないように、洗顔後は刺激の少ない化粧水と薄くワセリンを塗って対処していました。

でも、どうしても我慢できないほどでではないのだけれど、むずむず肌はかゆいんですよね。

 

それでも、酷くなって薬を使いたくないので何とか我慢していました。

ですが、スイゼンジノリから抽出されたサクラン配合のオールインワンジェル を軽い炎症程度の状態の時に使ったら、楽になりました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓汗でかゆい肌に オールインワン化粧品↓ ↓ ↓ ↓ ↓


サクランは塩リッチだから汗に強い!?

このサクラン(スイゼンジノリ多糖体)は、「ヒアルロン酸以上の保水力」と保水力の代表格のヒアルロン酸と比較されることが多いのですが、実際、保水力を調べる時には、不純物の入っていない純水で実験しています。

 

ですが、化粧品などで人の肌につける場合、人の肌の水分は純水ではありません。
特に、汗をかいた肌は塩分を含んでいますよね。

 

実際、ヒアルロン酸とサクランを人の体液に見立てた塩水で保水力実験を行ったところ、サクランはヒアルロン酸の10倍もの保水力があったそうです。

なので、サクランはヒアルロン酸に比べて肌の上に安定して存在し、汗で流れ落ちることなく保水性や保湿性を保持できると考えられます。

 

f:id:suizenjinoricosme:20160705024601j:plain

ステロイドを超える?!炎症を抑える作用が実証されているサクラン

スイゼンジノリから抽出されているサクランはまだあまり聞きなれない成分です。
でも、サクランって敏感肌やアトピーの人にはおすすめの成分なんです。

 

サクランは高知大学医学部のNgatu医学博士のもとで、アトピー性皮膚炎の患者さんの治療にも使用されている物質です。

実際、論文でも発表さているのですが、ステロイドを超えるかゆみの軽減や炎症を抑えてくれる作用があることが臨床試験で実証されているんです。


また、サクラン配合のクリームを使って治療した患者さんの、血清中のIgE量がステロイドと比較して、サクランの方が減少しているという結果もでていることでもアレルギーが抑制されていることが証明されているそうです。

 

敏感肌やアトピー肌の人は、サクランの入った化粧品使ってみたいと思いますよね。
私も、そう思って調べてみたんです。

 

サクランが入っている商品には、成分の中に、「スイゼンジノリ多糖体」と記載されています。

調べてみると、化粧品やヘアケア製品に「スイゼンジノリ多糖体」と書かれている商品がドラッグストアにある商品でもけっこうあるんです。

 

でも、入っているのは入っているのですが、他の成分の最後に方に書いてあります。
ということは、化粧品の成分表示は、含有量の多い順に表記されているので、かなり少量ということです。

 

というのも、このサクランという成分は、かなり希少で高価なんです。

 

実際、サクランが入ってはいても効果が期待できるほどの量が入っているかどうかはわかりません。

 

では、化粧品にサクランが入っていても敏感肌やアトピー肌の人が使って満足できる商品を探すのは実際、使ってみないとわからないのかな?思っていたところ、

 

サクラムアルジェのオールインワンはサクランの発見者である北陸先端科学技術大学院大学岡島麻衣子博士が共同開発している商品でした。

 

実は先日、その岡島麻衣子先生のサクランについてのセミナーに出席できる機会があったの参加してみました。

その時に、「サクラムアルジェのオールインワンのサクランの配合量はサクランの効果を実感できる処方」になるように開発の段階でアドバイスされているとおっしゃっていました。

なので、サクラン配合化粧品の中でも安心して使用できる商品だと思います。


このサクラン化粧品を初めて使った時は、肌が乾燥していてあまり良い状態ではなったので、その状態で新しい化粧品を使うのは勇気がいりました。

 

でも、実際使ってみても、特に問題はなく、肌の水分を逃さないようにパックしている感じで
第二の肌になって保護してくれているのか、1週間くらいで肌の状態は改善されました。

 

汗に負けない肌になる!サクラン配合化粧品

結局のところ、汗の刺激に負けないようにするには、肌の土台が大事です。
敏感肌やアトピー肌の対策としては、まず、保湿することが一番です。

夏場は汗だけでなく、紫外線など外部からの刺激がたくさんあります。

なので、敏感肌用で汗にも強いサクラン配合化粧品はおすすめだと思います。

 

産後ママの肌トラブルにサクラン配合化粧品サクラムアルジェで簡単保湿ケア

出産後に肌質が変わってシミやそばかす、くすみなどが目立つようになったとか、乾燥肌がひどくなったという話をよく聞きます。


出産後の身体は、ホルモンバランスの変化や育児に伴う睡眠不足などによってお肌にも影響が出てくるのでしょう。

f:id:suizenjinoricosme:20160429022353j:plain

また、産後の肌はバリア機能が低下し、外的刺激が肌内部に入りやすい状態になるようです。


そのことによって、角質層で水分保持ができなくなり乾燥が進み、今までの化粧品があわなくなったり、発疹ができたり、敏感肌になったりと肌トラブルをおこします。

 

しかも、育児で忙しく今までのようにしっかりスキンケアをすることもままなりません。

そういったことを考えると、簡単にスキンケアできるオールインワン化粧品は忙しいママにはおすすめのスキンケア化粧品です。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓産後ママにおすすめオールインワン化粧品↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ですが、いままでオールインワン化粧品を使ったことがない人にとって、オールインワン化粧品できちんとケアできるのかと心配な人もいるかと思います。

 

このスイゼンジノリから抽出したサクラン配合のオールインワンジェル はこれだけで十分に保湿ケアできるオールインワン化粧品です。

 

このオールインワンジェルに含まれるサクランという成分は、ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つと言われています。
また、肌の表面に均一に広がり、まるでもう一枚の皮膚のように肌を覆う保水膜となります。

なので、肌内部から蒸発しようとする水分はキャッチし、外部からくるアレルゲンや刺激は遮断して肌が正常な状態に生まれ変わるのを助けてくれます。

 

このサクランアルジェはデリケートな肌のために不要な成分や刺激が考えられる成分は一切不使用です。

お母さんの肌のために良いのはもちろんですが、生まれたての赤ちゃんのようなデリケートな肌にも使えるような赤ちゃん肌基準で作られています

 

最近、無添加化粧品をうたう化粧品はいろいろ販売されていますが、赤ちゃんの肌にも使える化粧品はなかなかないんですよね。

 

今までちょっと疑問に思っていたのが、自分の肌に化粧品をつけた後で赤ちゃんにスキンシップでほおずりしたりしても大丈夫なんだろうか?って思っていたんです。

でも、赤ちゃんにも安心の化粧品なら安心して赤ちゃんの肌にほおずりできちゃいます。

 

産後ママにおすすめのオールインワン化粧品
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

乾燥肌敏感肌用オールインワン化粧品サクランアルジェ使ってみました

↓ ↓ ↓ ↓ ↓スイゼンジノリ抽出成分サクラン配合化粧品↓ ↓ ↓ ↓ ↓

季節の変わり目で気温の変化が激しいせいということもあり、いつものことながら肌がむずむずかゆくなって赤くなってしまいました。

 

今まで肌トラブルが出なかったので使っていた化粧品が合わなくなってしまったらしいです。

 

何か良い基礎化粧品はないかと探していろいろと検討した結果、このサクラン配合のオールインワン化粧品を購入しました。 

f:id:suizenjinoricosme:20160429003639j:plain

 

このサクランという成分は。スイゼンジノリから抽出され、前回の記事でもご紹介したように、高知大学の医学博士Ngatu先生のアトピー性不皮膚炎の患者への臨床試験でも使用されています。

 

そして、ステロイドを超えるかゆみの軽減や炎症を抑えてくれる作用が実証されています。

 

なので、私のようにアトピーではないけれども、敏感肌で乾燥によってむずむずしたかゆみがある人にも効果があるんじゃないかなぁと思って使ってみました。

 

初めて使う化粧品は、かゆくなったり赤くなったりすることもあるので心配なんですが、このサクラン配合のオールインワンジェル は初めて使った時から、「これ良いかも!」って思いました。

 

まず、かゆみが出たり、赤くなったりすることは全くありませんでした。
それどころか、ちょっと炎症を起こしかけていた眉間のところのかゆみが治まった感じです。

 

そして、顔につけたてもとても伸びが良くしっとりしました。
なのに、しばらくしてジェルが肌になじむとサラッとします
ヒアルロン酸のように肌がベタベタすることがありません。

 

なので、これから暑くなる時期にはこのサラサラ感はかなりいい感じだと思います。

でも、サラサラするからと言って肌は乾いている感じではなく、肌の表面はサラッと中はしっとり潤うといった感じなんです。

この商品が、洗い流さない湿潤パックっという意味がこれだなぁ~と実感しました。

 

そして、このサクランはヒアルロン酸の約5倍の保水力と言われています。
それだけでも、すごいのですが、体液に近い塩水で約10倍の保水力を持っています。

 

なんで、塩水で比べるの?って思いましたか?
私たちの体内には、水分があります。
そして、肌表面にも汗とか水分があります。
その水分は、真水ではなく、塩分とかミネラルとか入った状態のイオン水です。

なので、そのイオン水の状態で保水力を発揮するサクランは保湿を必要とする乾燥肌やアトピーの人にはもってこいの成分です。

 

しかも、サクランは塩を添加することで高粘性となるので、肌の上は塩分があるため汗で流れ落ちることがなく安定して保水性をキープしてくれます。

 

これから、汗をかく季節には強い味方になってくれるオールインワン化粧品だと思います。

乾燥肌 敏感肌 アトピーのかゆみも抑えるサクラン配合 オールインワン化粧品

スイゼンジノリからとれるサクランという物質をご存知ですか?

最近、化粧品や医療の分野でも注目を浴びている物質なんです。

その物質が、なぜ話題になっているかというと、その保水力がすごいんです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓スイゼンジノリ抽出成分サクラン配合化粧品↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

保水力といえば、まず頭に思い浮かぶのは、保湿のための化粧品に入っているヒアルロン酸ですよね。

 

サクランは純水で、ヒアルロン酸の5倍の保水力があると言われています。

 

しかも、このサクランは、ヒアルロン酸と保水力を生理食塩水で比べると約10倍も保水能力があるんです。

 

この生理食塩水ってところがポイントです!

人の身体や皮膚の上の水分は、純水ではありませんよね。

かならず塩分などが入っています。

そこで、ヒアルロン酸の約10倍の保水力を持つってことは、化粧品で肌につけてた時にヒアルロン酸以上に潤うってことじゃないですか?

 

しかも、それだけじゃないんです。

私も、かなりの乾燥肌なので乾燥した肌はカサカサするだけじゃなくて、かゆみも出てきてしまうんです。

そこで掻いてしまうと、さらに肌はボロボロになって炎症を起こしてしまう悪循環なんでしすよね。

 

実は、サクランは高知大学医学部のNgatu医学博士のもとで、アトピー性皮膚炎の患者さんにも使用されていて、ステロイドを超えるかゆみの軽減や炎症を抑えてくれる作用があることが、臨床試験で実証されている物質なんです。

 

また、サクランで治療した後に、血清中のIgE量がステロイドとよりも減少していてアレルギーが抑制されていることが分かったそうです。

 

なので、私のような乾燥肌でむずむずしたり、病院に行くほどではないけれど、かゆみや炎症を起こしやすい人にはサクラン配合の化粧品はおすすめです。

 

その中でも、サクラムアルジェのオールインワンはサクランの発見者であるサクラン発見者である北陸先端科学技術大学院大学岡島麻衣子博士が共同開発しています。

 

先日、岡島先生のサクランについてのお話を聞く機会がありました。

その時に、サクラムアルジェのサクラン配合のオールインワンジェル は、サクランが高濃度で配合されていて、サクランの効果がしっかり実感できる処方になっているお墨付きの商品です。

 

最近は、サクラン配合の化粧品はいろいろ出回っています。

ですが、中にはサクランの配合量が少なくサクランの効果が得られないものもあるようです。

 

なので、サクランの効果を効率よく体験するにはサクラムアルジェのサクラン配合のオールインワンジェルがおススメです。

あさイチでも紹介!ヒアルロン酸と比べて5倍の保水力スイゼンジノリを使用の化粧品

NHKあさイチ」(2016年3月16日)で放送されたスイゼンジノリから抽出した成分「サクラン」配合化粧品をご紹介します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓スイゼンジノリ抽出成分サクラン配合化粧品↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

NHKあさイチの番組中でもヒアルロン酸の5倍の保水能力を持つというスイゼンジノリの保水力をビーカーにスイゼンジノリと水を混ぜてお試していました。

 

また、生のスイゼンジノリを試食していましたが、ぷるんぷるんしていて海藻というよりは、明るい緑色の寒天といった感じで見えました。

スイゼンジノリは、九州の限られた綺麗な湧水でしか成育しない日本固有の淡水性のラン藻です。

 

近年の環境変化によって、ひところは絶滅の危機に瀕したというと希少な食材です。
今では、地元の人の努力によって養殖が可能になったそうです。

 

そんな希少な植物のスイゼンジノリから抽出されるサクランという成分の保水力がずば抜けているんです。

 

保水力のある化粧品に含まれる成分と聞かれると、ヒアルロン酸がまず先に頭に浮かぶと思います。

 

保湿を望む場合は、まずヒアルロン酸入りの化粧品を選ぶと考えられます。
あさイチでも取り上げられましたが、そのヒアルロン酸の保水力をしのぐのがスゼンジノリから抽出される多糖体のサクランという成分です。

 

あのヒアルロン酸よりも保水力が高いなんて驚きますよね。
スイゼンジノリの保水力はなんとヒアルロン酸の5倍だということです。

スイゼンジノリ抽出成分サクラン1gで6リットル分の水を保持できるんだそうです。
本当にすごい!


また、サクランはお肌に塗ると肌の上で保護膜を作って保湿を安定させる性質があるのです。

ですから、「第二の皮膚」として肌を守るので、バリア機能が落ちているアトピー性皮膚炎や敏感肌でお悩みの方にもおすすめの成分なんです。

 

そのスイゼンジノリの抽出成分スイゼンジノリ多糖体 サクランを使用した化粧品の中で、おすすめの化粧品がこのサクランの発見者である北陸先端科学技術大学院大学 岡島麻衣子博士が共同開発した
ACRUM ALGAE(サクラムアルジェ)モイスチャージェルコンプリートマスクです。

 

赤ちゃんにも使えるので、お子さんにも安心してです。なので、親子で使えるのも良いと思います。

 

また、敏感肌の人のクチコミで使い続けるほどの、肌が元気になっているのを実感し、肌本来の強さが出てきたと感じるなど、潤うだけの化粧品ではないこともおすすめです。

≫≫詳しくはこちらから

ヒアルロン酸以上の保水力スイゼンジノリ サクラン配合オールインワン化粧品

↓ ↓ ↓ ↓ ↓スイゼンジノリ抽出成分サクラン配合化粧品↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スイゼンジノリ(水前寺海苔)」ってご存知ですか?
海苔というからには、食べる海苔(のり)の種類だと察しがつくとは思います。

 

その中でも、「スイゼンジノリ(水前寺海苔)」は、天然のミネラルを多く含んだ九州・阿蘇火山灰層に育まれた美しい伏流水でしか育たない希少な種なんです。

 

その希少な「スイゼンジノリ(水前寺海苔)」から、北陸先端科学技術大学院大学 岡島麻衣子博士によって、全く新しい多糖類サクランが発見されました。

その驚きの性質として、自分の重さの約6000倍もの水を吸収することがわかりました。

 

その保水力は、ヒアルロン酸の5倍という驚きのパワーです。

 

サクランは、数々のテレビ、雑誌、ネットなどのメディアでも話題の成分です。

日本テレビ未来シアター」やスキンケア大学にサクランが話題の天然保湿成分として特集されています。

 

また、アメリカの権威ある科学雑誌「Macromolecules」に掲載もされるほどの話題の成分なんです。

 

特に、乾燥肌でお悩みの方なら、ヒアルロン酸以上の保水力を持つ成分が入った化粧品がないかと思いますよね。

なので探してみました。

 

スイゼンジノリの成分サクラン配合の化粧品を販売しているメーカーは数多くありません。

 

その中で「サクラン」の発見者である北陸先端科学技術大学院大学 岡島麻衣子博士との共同開発しているメーカーがありました。

 

SACRUM ALGAE(サクラムアルジェ)
スイゼンジノリ化粧品サクラン配合のオールインワン化粧品。
モイスチャージェルコンプリートマスクです。

 

 

ACRUM ALGAE(サクラムアルジェ)モイスチャージェルコンプリートマスクは、大手クチコミサイト@cosme(アットコスメ)基礎化粧品オールインワン部門で1位を獲得した人気のオールイワン化粧品です。


今の時期の季節の変わり目や環境の変化のストレスによる繰り返す肌荒れ、洗顔をした後に化粧水をつけるとヒリヒリする肌が荒れている。

 

顔が乾燥していてシワが目立り実年齢よりも老けて見られるなどお困りの方や、

いままでどんな化粧品を使ってもかゆみやカサつき、赤みやブツブツができたりする敏感肌や乾燥肌の人にはかなりおすすめです。

詳しくはコチラから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓